リンゴ日和。

http://www.ringobiyori.com/ へ移転しました。

長女(5才)が「あつめたカードをおばあちゃんにみせる」というけれど、それはイヤだ!

私の長女(5才)は、プリ〇ュアのカードゲームが好きです。
それはというのは、何故かうちの夫が、外出するたびにプリ〇ュアのカードゲームへと、長女をいざなうからです・・・


そして、たくさんカードは集まりました。かぶったカードもたくさんあります。
5才の女児でこんなに持っているというのは、おそらく幼稚園でも彼女くらいです。


そんな長女が、こんなことを言いだしました。
「たくさんあつまったプリ〇ュアのカードを、ぜんぶおばあちゃんにみせなくっちゃね♪」

育児マンガ&エッセイイラスト

おばあちゃんというのは、夫のお母さん、私にとってはお義母さんになります。
(とりあえず、この場では、おばあちゃんと呼ばせてください。)


でも、私はそういう発言を長女がするたびに、イヤなのです。


そんなことをされたら、おばあちゃんに、私が「無駄遣いしてる嫁」と思われるのではないだろうか、と妄想がわいてくるからです。
これは完全に妄想であって、実際はいつも優しいおばあちゃんが気にもしないようなことでしょうが・・・



でもわたしはその「無駄遣いしている嫁」のレッテルをはられるという妄想の中で、おばあちゃんにこういうのです。


「カードをふんだんに買い与えているのは、私ではありません。あなたの息子さんなのです」



f:id:hitamu:20151124153235j:plain

*PR*

2016年5月8日に発売しました!

あのね、わたしがねちゃってても、あとででいいからだっこして

 f:id:hitamu:20160530121714p:plain